大人も子供も1日遊べて大満足!自然あふれる森林公園

森林公園は埼玉県民なら一度は行ったことあるんじゃないかな。

正式には国営武蔵丘陵森林公園というんですね。

東京ドーム65個分というとーっても広い敷地内には、エアートランポリンやアスレチック、ジャブジャブ池などがあり、季節の花や木々も楽しめます。

中でも家族で楽しめるオススメエリアをご紹介しますね。

大きな大きなジャブジャブ池

夏にオススメなのが、西口エリアにあるジャブジャブ池です。

水面積2,500㎡ととっても広くて、ジャブジャブ池というよりプールですね。

水深は5~30㎝で、小さい子でも安心して遊べます。

すぐ近くには、かき氷軽食を販売している売店もあるので便利です。

水遊びの後のかき氷は美味しいんですよね~。

周りには木陰がいっぱいあるので、遊び疲れたら暑さを避けて日陰でのんびり休憩するのもいいですよ。

平成29年のジャブジャブ池の営業は4月29日(祝)~9月18日祝となっていて、清掃や点検で利用が制限される日があるのでご注意を。

だいたい火曜か水曜に行われることが多いので、それ以外なら普通に利用できそうです。

夏の森林公園に行く際には、ぜひ水着を持参してくださいね。

冒険コースでアスレチックにチャレンジ!

同じく西口エリアにある冒険コースは、雑木林を活かしたアスレチックコースで遊ぶことができます。

木製の遊具が24種類、1周約1時間で、吊り橋やターザンかっしゃ、ローラー滑り台、ぶらさがりシーソーなど大人も子供も一緒に楽しめるアスレチックになっています。

このアスレチックコースでだいぶ体力がつきそですね。

こんな自然の中でアスレチックで体を動かして汗をかいて気持ちいいですよ(∩´∀`)∩

そして運動の後のお昼ご飯は最高です!

雨でも遊べるむさしキッズドーム

こちらも西口ゲートから徒歩1分のところにあるむさしキッズドーム。

カラフルな遊具が50種類もあって、小さい子でも安心して遊べるエリアです。

白いドーム内なら雨でも遊べるので便利ですよ。夏は熱がこもってちょっと暑いかな。

子供連れファミリーなら、この西口で一日遊べるほど子供むけの施設がそろっています。

広場もあるので、テントやシートを広げてお弁当を食べたり寝転がったり、キャッチボールやサッカーなどもできますよ。

自然に囲まれてバーベキュー

南口の野外炊飯広場展望レストランでは、バーベキューを楽しむことができます。

自然に囲まれて、みんなでワイワイBBQって本当に楽しいですよね~。

野外炊飯広場は土日祝日のみ営業で、手ぶらでバーベキューが楽しめるパッケージプランがあります。

また、食材や飲み物は自分たちで持参し、機材だけレンタルするプランもあるので、人数や用途に合わせて選べます。

展望レストランのバーベキューコーナーでは、大きなケヤキの下で鉄板焼きでのバーベキューができます。

2,500円で食べ放題なので、食べ盛りの子供がいるファミリーにピッタリですよ。

毎日営業していて、完全予約制なので、当日満席で入れないなんてこともないので安心です。

食材などを持っていく手間もなく、手軽にバーベキューを楽しめます。

以前、友達家族と3家族で利用したときは、平日だったため私たち以外に利用客はいなくて、テーブルやイスも広々使えて良かったですよ。

木陰で気持ちいいし。

食べ放題なのに、子供が残した分を食べたりしてたら、思ったよりたくさん食べられなかったのがちょっと悔しいです。

しかも、子供たちが残したのを大人たちが必死に処理しているのに、子供たちはさっさと遊びに行っちゃうし。よくある光景ですね(^^;)

お肉や野菜、ご飯はとてつもなく美味しいわけではないですが、普通に美味しかったです。

外で食べる効果で3割増しぐらい美味しく感じました(笑)

日本一大きいエアートランポリン

南口ゲートから約20分のちょっと奥まった場所に日本一大きなエアートランポリンぽんぽこマウンテンがあります。

ここにたどり着くには、吊り橋やちょっとした山道を歩かないといけません。

スニーカーや運動靴など歩きやす靴で来ることをおすすめします。サンダルやヒールはキツイと思いますよ。

このトランポリン、大人がてっぺんで跳ねるとけっこうな高さがでます。

大人のみなさん、楽しいからってはしゃぎすぎてケガしないでくださいね。

トランポリン柔らかいので大丈夫だとは思いますが、あんまりふざけると足グキッとかなるかも。

いつもたくさんの子供たちがピョンピョン跳ねたり走り回ったり、転がったりしているので、ぶつからないよう注意が必要です。

小さい子用に、小ぶりのエアートランポリンもあるので、小さい子はこちらのトランポリンなら安全だと思います。

靴脱いで遊ぶんですけど、夏はけっこうトランポリンの表面が熱くなっている時があるので、日差しが強くない時間帯に遊んだほうがいいですね。

園内の移動手段にレンタサイクル

南、中央、西の各入口の近くにはサイクリングセンターがあり、自転車を借りることができます。

子供用から大人用、マウンテンバイク、子供乗せ自転車など車種も豊富です。

台数は少ないですが電動アシストもあるんですよ。

園内のサイクリングコースはアップダウンがけっこう激しくて、ほとんどの自転車にギアがついているのはありがたいです。

園内を自転車で走るだけでもかなりいい運動になります。

普段自転車を使わない人なら筋肉痛になること間違いなしです。

レンタル料金は1日乗り放題で大人が520円、子供が310円です。

広い園内の移動には、自転車以外にも、園内バスがあり、体力に自信がない人にはこちらが便利です。

1日乗り放題でも400円なので、自転車借りるより安いし、乗っているだけで目的地に着くから楽だし。

30分おきの運行なので、時間だけ気にしておかないとですね。

森林公園の利用案内

開園時間:3月1日~10月31日 午前9時30分~午後5時

11月1日~11月30日 午前9時30分~午後4時30分

12月1日~2月末日 午前9時30分~午後4時

無料開園日:4月29日(土・祝)、5月4日(木・祝)、5月5日(金・祝)、9月18日(月・祝)、10月22日(日)、11月3日(金・祝)

子供の日は小・中学生が無料、敬老の日は65歳以上が無料で入園できます。

駐車場:

交通:
東武東上線「森林公園」駅を下車、「北口」バスのりばから森林公園西口で下車。
JR高崎線「熊谷」駅を下車の場合、「南口」バスのりばから森林公園西口か森林公園南口入口で下車。

車の場合は関越自動車道「東松山」I.C.から熊谷方面へ約10分です。

国営武蔵丘陵森林公園ホームページ

森林公園で遊んだら、大人も子供もへとへとに疲れると思うので、運転のパパは前日しっかり睡眠とって、HPマックスで挑みましょう!

夏はカブトムシを触れるイベントがあったり、工作教室とかもやっているみたいですよ。

秋には紅葉もキレイで、夜はライトアップするイベントなんかもあるんです。

一年中いつ行っても楽しめる森林公園でした。

 

動物とふれあえる大崎公園

スポーツもBBQもお花見も秋ヶ瀬公園

 


スポンサード リンク


トップバナー

この記事の最上部へ

【超さいたま人】トップへ