埼玉で一番美味しい肉汁うどんが食べられる『藤店うどん』埼玉県はうどんの消費量が全国第2位ということで、私もうどんが大好き!

特にお気に入りは、さいたま市西区にある「藤店うどん」です。

武蔵野うどんの名店で、テレビでも何度も取り上げられている有名店です。

今回は、その人気店である藤店うどんの魅力に迫ります!!

そんなに色々なお店を食べ歩きしているわけじゃないけど、

今まで食べた埼玉のうどん屋さんでは一番おいしいのが藤店うどんだと私は勝手に思ってます。

一番人気は肉汁うどん

何といっても藤店うどんと言ったら肉汁うどんですよ。

いつも大体のお客さんが注文してますね。

私もたまには他のも食べてみたいなと思いながら、

行くといつも肉汁うどんを注文してるんですよね。

だってね、見てくださいこの具沢山のつけ汁を!

     参照:食べログ

豚肉に油揚げ、ぶつ切りのネギがたーっぷり入ってるんです。

最初のほうは、うどんつけても具が多すぎてうどんが沈まない!

最後までうどんと具を一緒に楽しめます。

なんならうどん食べ終わっても少し具が残るくらいです。

つけ汁は少し濃いめで甘味があってうどんとよく合います。

うどんはコシが強く、弾力があって固めで食べごたえ十分!

麺が太いので女性なら並でもお腹は満たされると思います。

中は並の1.5倍、大は並の2倍だそうですが、大は男性でも完食するのはなかなか大変そうです。

普通の細いツルっとしたうどんの勢いで大を注文すると後悔するかもしれないのでご注意を。

肉汁うどんは並で680円、中で880円、大で1,080円と良心的なお値段なのも嬉しいです。

きのこ汁うどん、野菜天付うどん、天ざるうどん、

もりうどん、かけうどん、たぬきうどんどれも美味しそうです。

参照:食べログ

夏にはエビ、ナス、カボチャの天ぷらがのった冷たいぶっかけうどんもいいですね。

まだ食べたことないんで、次の夏に食べたいと思います。

揚げたての天ぷらも美味しい

うどんとセットで注文したいのが、天ぷらです。

閉店間際だと、ちょっと冷めた天ぷらがでてくることもありますが、

基本的には揚げたてアツアツの天ぷらが味わえます。

参照:食べログ

かき揚げはこのボリュームで110円ですからお得です。

私の大好きなちくわ天もあります。

揚げモチもうちの旦那は美味しいって気に入っていました。

参照:食べログ

やっぱりうどんには天ぷらが欠かせませんね~。

自宅でも藤店のうどんが食べられる!

藤店うどんでは、お土産メニューも用意されています。

麺と汁が入った肉汁うどんセット2人前が800円、

具材つきの肉汁うどんセット2人前が1,300円で販売されています。

これを買って帰れば、おうちでもあの肉汁うどんが味わえるんですよ!

他にも、もりうどん、かけうどん、生麺も売っているので、自宅でアレンジもできますね。

私はたまに、レジ横に置いてある揚げ玉を購入して、家でたぬきうどんに使います。

うどん屋さんの揚げ玉って、エビとか野菜の味が染みついてて美味しいんですよね~。

すさまじい回転率

テレビにも度々とりあげられ、超有名店の藤店うどんですから、もちろん並んでます。

お昼時のピーク時をずらして行っても広い駐車場は満車だし、店の外には行列が!

うどんにありつけるまでさぞ時間がかかるのでは?

と思いますが、これが行列のわりには待ち時間はさほどないんです。

駐車場には誘導してくれる人がいて、少し待てばすぐに車を停められます。

店頭で名前を書いて並んでいると、

ガラス越しに見える製麺所を見ているとあっという間に呼ばれ店内に案内されます。

カウンター席、テーブル席、座敷があり、

お一人様が多いカウンター席は特に回転が速いです。

2名とかだと、4名のテーブル席に相席なんてことも当たり前。

店員さんに相席いいですか?って聞かれてイヤですとも言えませんしね。

断る人っているんでしょうか。

注文して5分ほどでうどんが到着。

料理がでてくるのもとっても早いんです。

だって厨房には店員さんが7,8人も手際よく作業しているんです。

参照:食べログ

ホールにだって6,7人の店員さんが動き回っています。

とにかく店員さんが多い!

そしてみなさんテキパキと仕事をこなしているので回転率がすごいんです!

待っている人がいるからお客さんも食べ終わったらすぐに帰るし、

行列しててもわりと待たずにうどんが食べられますよ。

このすさまじい回転率だから、営業時間も10時~15時という短いランチ営業しかしてないんですね。

しかも日曜祝日は休みですから!

これだけの人気店だから営業時間のばせばもっと儲かると思うんですけどねー。

武蔵野うどんとは?

藤店うどんで食べられる武蔵野うどんて一体なんだろう?

実は詳しく知らなかったのでちょいと調べてみました。

東京都多摩地域と埼玉県西部(かつての武蔵国の入間郡と多摩郡)に伝わるうどんのことだそうです。

武蔵野台地は関東ローム層に覆われていて、

水田を使用する米より良質な小麦の生産が盛んだったことから、

うどんをはじめとした小麦主食の文化が広まったんですって。

武蔵野うどんの特徴としては、普通のうどんよりも太く、少し茶色がかっています。

加水率が低く、コシがかなり強い

食感は弾力があり噛み応えがあります。

つけ汁はかつおだしを主とし、甘味がある。

ネギや油揚げなどの薬味を加え、うどんに絡ませて食べる。

今ではお馴染みの肉汁うどんは明治時代中期以降の食べ方なんだそうです。

もともとは、お肉は入っていなくてとてもシンプルなつけ汁だったみたいですよ。

藤店うどん 店舗情報

住所:埼玉県さいたま市西区三橋6-14-7

JR西大宮駅から徒歩25分

駅から遠いので車で行くのがおすすめです。

営業時間:10:00~15:00ランチ営業のみ

定休日:日曜・祝日

駐車場:あり 誘導員がいます。

藤店のうどんは通販でも買えるようです→https://www.rakuten.co.jp/fujidanaudon/

私のおすすめのうどん屋さん、藤店うどん是非みなさんも行ってみて下さい。

埼玉にもあった!ふわっふわの極上パンケーキのお店5選

豚肉好き集まれ!北海道産にこだわった豚丼「白樺」


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【超さいたま人】トップへ