【越谷】菅田将暉も食べた大相模不動尊大聖寺の虹だんごが美味しい!
久しぶりに越谷周辺を車で走っていたとき、素敵なお寺の前を通りかかり、

偶然見つけた「虹だんご」というお団子屋さん。

そんな大聖寺というお寺とお団子屋さんを紹介します。

徳川家康ゆかりの大聖寺

大相模不動尊大聖寺(おおさがみふどうそんだいしょうじ)は越谷で一番古く、歴史のあるお寺です。

そんなこととは知らず、「虹だんご」の看板が気になり、一回通り過ぎたのにUターンして

寄ってみたのが大聖寺でした。

駐車場も広く、車で来るにはとても便利です。

正式名称は真大山大聖寺(しんたいさん・だいしょうじ)というそうです。

あの有名な徳川家康が関ケ原の戦いに向かう途中に、必勝祈願をしたのが大聖寺です。

宿泊した際に家康さんが着た着物や奉納等なども保管されているそうですよ。

他にも大聖寺には見どころがたくさんあります。

入口にある大きくて立派な山門にある「真大山」という文字は、

寛政の改革で知られる松平定信の直筆なんだとか。

越谷市の有形文化財にも指定されているんですね。

歴史の授業で名前がでてくるような人のゆかりのお寺なんてなんだか感慨深いですね~。

たまたま寄ったお寺がこんなにも素敵なお寺だったなんて(゚Д゚;)

参道は春には桜が咲いて綺麗なんでしょうね。

春にもまた来てみたい。

歩いていくとお線香をあげるとこがあったので、購入。

お線香に火をつけるコンロみたいのすごいですね。

すぐ火がついて便利♪

さらに進んでいくと本堂があり、頭上には七福神が描かれた額が飾ってあります。

七福神を見ているとなんだか幸せな気分になるのは何故でしょう。

私たちはもらわなかったけど、御朱印ももらえるみたいです。

境内には、樹齢500年という大きな御神木や、お地蔵様も。

こちらは「ぴんころ地蔵尊」

ぴんころとは、生きている時はピンピンと元気に、死ぬときは苦しまずにコロッと天国へということらしいです。

なんだかとっても可愛らしいお地蔵様です。

ちょっと高いところには鐘があります。

こちらはもうひとつの出入口。

芸能人も食べた「虹だんご」

お寺の境内にあるお茶屋さん「虹だんご」。

とってもいい雰囲気です。

日陰で休憩。ふぅ~。

メニューは甘だれ、生醤油だれ、あんこ、よもぎがあります。

よもぎは売り切れとのことで、甘だれと生醤油を1本ずつ購入。

注文を受けてから焼いてくれるので、3~4分待ちます。

待っている間にセルフの麦茶をガブガブ飲んじゃいました。

この日も暑かったので、冷たい麦茶が美味しいのなんのって。

そしてお待ちかねのお団子が登場!!

お団子一個一個が大きい!

奥の生醤油からパクッ!

ん~~~~、お団子がほんのり甘くて醤油味と合って美味しい。

お餅のようにモチモチして伸びる感じではなく、フワモチって感じで今まで私が食べてきたお団子とは違いました。

これは地元で人気なのも頷けます。

甘だれは、みたらしですね。

みたらしが苦手な旦那も絶賛するほどの美味しさです。

早い時にはお昼ごろに売り切れになってしまうそうです。

今度はよもぎも食べてみたいなー。

お持ち帰りもあるようなので、手土産にもいいですね。

虹だんごには、芸能人も訪れているそうで、「じゅん散歩」の高田純次さん、

若手人気俳優の菅田将暉さんも映画の撮影で虹だんごを食べたそうですよ。

菅田将暉さんのファンなら一度虹だんごを味わうべきですね。

越谷に行った際はみなさんも是非、大聖寺と虹だんごに寄ってみてはいかがでしょう。

そういえば、今日の越谷の花火大会は台風で中止になったみたいです。

虹だんごへのアクセスは、JR武蔵野線南越谷駅・レイクタウン駅、東武伊勢崎線越谷駅・新越谷駅から

バスがでています。

駐車場が広いので車でのアクセスも便利ですよ。

 

2018埼玉県の花火大会7月 穴場情報も!秩父 小川町 越谷 入間 大和田

越谷レイクタウン遊び場「kid is…キッドイズ」料金やクーポン、口コミは?

 

 



スポンサードリンク


この記事の最上部へ

【超さいたま人】トップへ