SKIPシティの川口市立科学館でプラネタリウムやサイエンスショーを楽しむ川口市にあるSKIPシティでは、子供から大人まで楽しめる映像ミュージアムや

 

彩の国くらしプラザ、科学館などの施設がそろっています。

 
今回は、その一つである川口市立科学館に家族で行ってきたのでレポートします。

 
プラネタリウムやサイエンスショー、工作など子供が喜ぶイベントが盛りだくさんですよ。

 

子供の興味をそそる科学展示室

 

メインテーマ「太陽」からイメージした5つのサブテーマ、

 

「力」「光」「水」「大気」「生命」を扱った 参加体験型の約40の展示装置が並んでいて、

 

どれも子供たちが釘付けです(◎_◎;)

 

とりあえず一通り見ていきましたので、いくつかご紹介します。

 

ボタンを押すと泡がブクブク~っと出て綺麗。

 

グルグル回すとマーブル模様が浮かんでくる不思議な装置。

 

 

地球儀のような感じです。

 

こちらは波発生装置です。

 

 

端からから端まできれいに波が駆け抜けます。

 

昆虫は植物の種などを顕微鏡で観察できます。

 

 

研究者になったような気分を味わえますよ。

 

 

メダカとかウーパールーパーなんかが見られる水槽です。

 

 

生き物好きな男の子は食い入るように見てました。

 

竜巻発生装置

 

 

ボタンを押すとホワーっと煙がでてきて小さな竜巻が見られます。

 

 

なぜだか何回も見たくなっちゃう。

 

 

紹介したのはごく一部で、ほかにもたくさん面白い仕掛けの装置がありますよ。

 

 

仕組みが分からなかったら、スタッフの人に聞けばいろいろ説明してくれるので勉強になります。

 

 

サイエンスショー&ミニ実験ショー

 

展示室の装置を使ったミニ実験ショーは毎日開催しています。

 

 

サイエンスショーは日曜・祝日や夏休みなどに開催していて、30分くらいで、

 

 

「ふしぎ しゃぼん玉」、「-196℃の世界」、「おもしろふりこ」、「酸素の七変化」など

 

 

子供はもちろん、大人も夢中になってしまうような実験が見られます。

 

 

私たちが行ったときには、爆発の実験をやっていて、すりおろした野菜に薬品を入れると

 

 

小さな爆発が起こるという実験や、ガス爆発の実験を見ました。

 

 

子供たちは爆発という言葉にビビってほとんど耳をふさいでいたので先生の説明は聞こえていなかったかも。

 

写真はろうそくの火に小麦粉を吹きかけるとボーッと炎が上がるというもの。

 

 

しかしながら不発気味で先生も困り顔の図です(;’∀’)

 

 

ちょっとこの日は調子が悪かったのかな。

 

実験と工作の融合、ドキドキサイエンス

 

こちらのテーブルとイスが置かれたスペースでは、実験と工作を融合させたワークショップが開催されます。

 

 

材料費によって参加費が変わるようですが、今回は300円でスノードームならぬムーンドームが作れました。

 

 

まず作り方の説明を聞いて、みんなで作ります。

 

 

ドームの中に入れるのはプラ板です。

 

 

プラ板すごい懐かしい!!子供の頃やりましたよねー。

 

 

今は100均でも売ってるのでお家でも手軽にできますね。

 

 

好きな絵をかいて、オーブントースターで焼くと半分くらいに縮んで固くなるんですよね。

 

 

そのプラ板とキラキラ、水のりのようなトロっとした液体を入れ瓶の蓋を閉めて出来上がり!

 

 

他にも無料で参加できる、身近なものを使って作るわくわくワークも人気です。

 

子供が大喜びのプラネタリウム

 

赤ちゃん連れだったので、私はプラネタリウム見てなくて子供とパパたちだけで行ったんですが、

 

 

帰ってきた子供たちの目がキラッキラで、プラネタリウム楽しかった!綺麗だった!と大絶賛。

 

 

ちょうど子供向けのプログラムだったので、幼稚園生や小1の子供たちでも楽しめたようです。

 

 

ちょっと大人向けの感動的なハヤブサ2とかもあるのでデートとかで来るのもアリかも。

 

 

川口市立科学館のHPによると、

 

2013年11月2日にリニューアルされたプラネタリウムは、最新鋭の統合型プラネタリウム『ジェミニスター Ⅲ』(コニカミノルタプラネタリウム株式会社製)です。

新たに導入されたデジタル式プラネタリウム『スーパーメディアグローブ Ⅱ』と光学式プラネタリウム『インフィニウム βⅡ』の組み合わせにより、自然に近い美しい星空とともに、宇宙シミュレーション機能による最新の宇宙の姿など多彩な映像を投映でき、臨場感あふれるプラネタリウムをお楽しみいただけます。

 

ということなんで、かなり楽めます。

 

私も星見たかったな~。

 

 

川口市立科学館の詳細

 

住所: 埼玉県川口市上青木3丁目12−18

 

アクセス:

JR京浜東北線「西川口駅」からバス9分

SR埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷駅」からバス9分

JR京浜東北線「川口駅」からバス13分

 

駐車場:あり 地下駐車場1時間200円

イベントなどで混雑時は無料の臨時駐車場もあります

 

開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

 

休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日から1月3日)、 館内整理日、特別整理期間(年4回)

 

科学館使用料:

・科学展示入場料
一般(高校生以上) 200円  年間券 820円
小中学生        100円  年間券 410円
※未就学児は無料

・プラネタリウム観覧料
一般(高校生以上) 410円  年間券 1640円
中学生以下      200円  年間券  820円
※未就学児で席を使わない場合(保護者の膝の上で観覧)は無料

 

入館料などリーズナブルな価格で、サイエンスショーやワークショップに参加すれば1日楽しめますよ♪

 

SKIPシティ内に飲食店や売店もあるので食事の心配もありません。

 

室内なので雨の日でも楽しめるおススメのスポットです。

 

室内でアスレチックもできる戸田市立児童センター「プリムローズ」

混雑!室内遊びのできる子供の楽園『キッズーナ大宮』に行ってきた!

雨でも思いっきり遊べる埼玉の室内遊園地おすすめ5つ



スポンサードリンク


この記事の最上部へ

【超さいたま人】トップへ