埼玉の秘境!日帰り温泉で車内泊もできる『道の駅大滝温泉』関東の霊山・三峰神社の近くにある道の駅大滝温泉は、

深さ1,000mから湧き出す高濃度の温泉を使用した日帰り温泉「遊湯館」が人気で、

お食事処や特産物の販売コーナーや歴史民俗資料館も併設されている道の駅です。

 

日帰り温泉「遊湯館」

道の駅大滝温泉で寄るべきは日帰り温泉施設「遊湯館」す。

深さ1,000mから湧き出す源泉を使用した大滝温泉は、ナトリウム・塩素・炭酸水素・

メタホウ酸の各イオン成分が日本の温泉の平均含有以上に含まれ、

関東でもトップクラスの高濃度の名湯です。

1階には檜風呂、地下には露天風岩風呂があり、どちらも広々していて気持ちがいいです。

大自然の山並みや、眼下に広がる荒川の清流を眺めながら入る温泉は最高!

塩の効いた温泉で、体温の保持に優れ良く温まるため、「熱の湯」とも言われているそうです。

お肌がツルツルになる美肌の湯としても有名です。

また、慢性皮膚病に効果があるとされ、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があるとか。

遊湯館の利用料金

中学生以上 700円 小学生 400円  小学生未満 200円

営業時間

4/1~11/30 10時~20時 12/1~3/31 10時~19時

休館日

祝日以外の毎週木曜日

お食事処「郷路館」

道の駅大滝温泉で食事をするなら木のぬくもりあふれる郷路館へ。

木をぶった切ったようなテーブルが素敵です。

荒川源流水で打った手打ちそばは、色が濃い目で太くてコシがある田舎蕎麦です。

一番人気は大滝の特産品を使った中津川いもで、ジャガイモより固めで密度が濃く、

甘めの味噌とよく絡まって美味しいそうです。

大人も子供も好きですよね、おいも♡

見た目も楽しめるのが大滝にある2つのダムをイメージして作られたダムカレー


参照:http://www.losttechnology.jp/blog/2016/11/

左が二瀬ダム、右は滝沢ダム。

思わず写真撮りたくなる見た目!キレイ!

カレーは子供も好きな辛さ控えめのようです。

併設するよってっ亭では、秩父のB級グルメとして有名なみそポテト

濃厚ソフトクリームがいただけます。

みそポテト美味しいんですよね~、秩父行ったら絶対食べてるかも。

大滝の特産物売り場

大滝の新鮮野菜や山菜、しいたけ、豆類、手芸品や木工品などの特産品が

種類豊富に揃う売店でお土産選びはいかがでしょう。

地酒もいっぱいありますよ~。

地元産のお野菜とか新鮮で美味しそうですね。

秩父産のカエデの樹液を使って作られたカエデのお菓子もお土産にピッタリ。

秩父市のイメージキャラクターポテくまくんのピンバッジなんかも販売してます。

大滝歴史民俗資料館

先人が伝統的に作りだした地域民の生活文化の民具類や、諸道具の資料を

展示公開している資料館です。

昔の人々がどんな風な暮らしをしていたのかが分かります。

主な展示物は、秩父往還資料や奥秩父の原生林の展示、稼山の頃の大滝地区の暮らしぶりなど。

入館料は大人200円、児童100円です。

道の駅大滝温泉利用案内

住所:埼玉県秩父市大滝4277-2

温泉施設やお食事処は営業時間がきまっていますが、

道の駅自体は車内泊もできるようになっています。

近くには、おおたきこまどり荘など宿泊施設もありますよ。

温泉もあるので、秩父にお出かけの際には是非立ち寄りたい道の駅です。

公園や広場で遊べて収穫体験もできる道の駅アグリパークゆめすぎと

いちご好きにはたまらん!道の駅「いちごの里よしみ」

 

 

 

 

 

 

 


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【超さいたま人】トップへ