豚肉好き集まれ!北海道産にこだわった豚丼「白樺」

お肉って常に食べたくなるのなんでですかね~、私だけか?

牛肉も豚肉も鶏肉も好きなんですが、今回は豚!

北海道産にこだわった豚丼を食べてきたのでご紹介しますね☆彡

豚丼「白樺」店舗情報

私が行ったのは豚丼白樺 とかち村冨士見店です。

私はいつも車で行ってるんですが、東武東上線「鶴瀬」駅東口より徒歩8分と、電車でも行きやすいですね。

営業時間:土・日曜日11:30〜20:00

月~金曜日11:30~15:00、17:00~20:00

平日はお昼休憩を挟むようなので時間にご注意ください。

ラストオーダーは14:30 と19:30 で、材料がなくなり次第終了とゆうことで、遅い時間だと売り切れの可能性があります。

定休日:毎週火曜日

カウンター10席、テーブル12席(4人用×3)の全部で22席とそんなに広くはないので、お昼時なんかは待つ可能性大です。

駐車場:とかち村内に40台ほどあります。

店内は全席禁煙となっています。確かカードでの支払いはできなかったかな。

お店の外観はこんな感じで、こじんまりしています。

この日は、開店3分前くらいに着きましたが、すでに2組のお客さんが待っていました。

一番じゃなかった、くやしい((+_+))

お肉の枚数とご飯の量が選べる豚丼

白樺の豚丼は、お肉の枚数とご飯の量が選べます。

小 盛   肉3枚   573円(税抜)

並 盛   肉4枚   709円(税抜)

大 盛   肉5枚   864円(税抜)

特 盛   肉6枚   955円(税抜)

どれもお新香とお味噌汁つきです。

私はお肉少なくてもご飯いっぱい食べたいんで、肉4枚でご飯は大盛とかにしちゃいます。

それがこちら。ご飯が多いからお肉4枚でもけっこうボリュームありますよね。

このお肉が分厚いのに柔らかくて美味しいんですよ。

写真見てるだけでもお腹すいてきた~、ヨダレが(”Д”)

ご飯にもタレがしみてて、それだけでご飯いけちゃうくらいです。

しかもお肉は小さくカットしてくれるので食べやすいですよ。

そのままだと1枚がけっこう大きいので、女性のお客さんはカットで注文している人が多いですね。

お肉いっぱい食べたいけどご飯そんなにいらないかなって人は、肉6枚のご飯は並とかもできますから、好きな組み合わせで食べられますよ。

もちろん、ガッツリいきたいなら、特盛がオススメです!

肉食べてる~って実感できること間違いなし!

うちの旦那は大盛で、かみこみ豚にランクアップ、歯の噛み合わせが悪くて噛み切れないのでカットをお願いしました。

お肉は普通のでも柔らかくて、厚切りなので食べごたえもあってすんごく美味しいです。

ウナギのタレのような甘辛のタレも最高で、炭火で焼いているので、とっても香ばしいです。

さらに、和牛のような霜降り肉になっているかみこみ豚にランクアップすると、柔らかさはもちろん、脂も美味しい贅沢な豚肉を味わうことができます。こりゃたまらん!

かみこみ豚は、出荷数がどんどん減ってきて、貴重な豚肉だそうで、食べられる時に1回は味わっておいたほうがいいかと。

白樺の豚丼へのこだわり

白樺の豚丼は、本場北海道の名店「レストハウスかしわ」直伝の味で、お米も北海道産、豚は十勝産、炭火も北海道産というこだわりようです。

2種類の秘伝のタレと合わせれば、絶妙な味わいです。

注文を受けてから、一枚一枚ていねいに炭火でじっくり焼き上げるので、時間はかかりますが、美味しい豚丼が味わえます。

いつも注文してから大体10分以上は待つかな。

待った分、豚丼も本当に美味しく感じられます(*´▽`*)

さっき言った、ご飯の量やお肉をカットしてくれる以外にも、タレの量や、上にのってるネギをぬくとかも言えばやってくれるのでありがたいですね。

うれしいサービスもあるよ

女性限定になっちゃうんですが、平日の11:30~14:00に豚丼食べると、とかち村のソフトクリームの無料券がもらえます。

カップに入った小ぶりなソフトクリームですが、豚丼のあとのアイスは最高ですよ。

おいしい牛乳そのままソフトクリームにしましたって感じで、すごいコクがあってうまい!

そしてとかち村の店内に入ると、どうしてもケーキとか和菓子とか目に入ってきて、焼き菓子おいしそー、マカロンおいしそー、どら焼きもおいしそー!ってなって買わざるを得なくなる。

うまいことできてますよ。まんまと策に引っかかっています(;^ω^)

 

私はいつも豚丼食べたら、車で10分ほどの冨士見のららぽーとに腹ごなしのお散歩がてら行って、ウインドウショッピングを楽しんでいます。

みなさんも是非一度、白樺の豚丼をご賞味あれ♪

戸田のマグロ食べ放題に行ってみた

浦和のピザが美味しいイタリアン

 

 


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【超さいたま人】トップへ